自分自身を味方に!テニスにおけるメンタルの持ち方

メンタル
この記事を書いた人
山下晶平

23歳 兵庫県神戸市出身
早稲田大学スポーツ科学部卒業
5歳からテニスを始め、中学2年生の時に全国大会優勝
直後に血行障害、TFCC障害、イップスを経験
8年の時を経てテニス選手兼フリーコーチとして神奈川、東京を拠点に活動中

山下晶平をフォローする
テニス上達公式ラインはこちら

友だち追加

この記事で解決できるお悩み
・上手くいかないときの心構え
・テニスを楽しみたい
テニスはメンタルスポーツと呼ばれています。
メンタルが大きくパフォーマンスに影響しやすいためです。
メンタルや考え方が安定していないと、パフォーマンスは上がりにくいです。
そして上手くいかないとだんだんテニスが楽しくなくなってしまいます。
逆にメンタルをいいように使ってあげることができればパフォーマンスを最大限上げることができ、テニスも楽しくなります。
それだけメンタルはテニスにおいて重要なのです
この記事を読むと普段のテニスや上手くいかないときの良い考え方を知ることができ、自分自身を味方につけられるようになります。

テニスをするにあたって大事な考え方

人によってはテニスは好きだけど、「上手くいかずにしんどい」「楽しみたいけど楽しめない」などという悩みを持ってる人も多いと思います。

好きなはずのテニスを楽しめないのはつらいですよね。

そんなときに実践してほしい考え方をご紹介します。

上手くいかないときや気分がマイナスになってるときに是非試してみてください。

1、難しく考えなくていい

上手くいかずに苦しいときに、頭で考えすぎていないかを確認してください。

悩んでいる人はたいてい真面目に考えすぎています。

真面目なことはとてもいいことですが、真面目過ぎるとしんどくなります。

少し適当ぐらいでちょうどいいのです

ここをこうしてこう動かしてなどと頭で考えすぎてしまうと力が入り、動きも鈍くなりやすいものです。

上手くいかないときは思考が邪魔をしていることがあります。

テニスはただでさえ繊細なスポーツなので、更に細かく考えてしまうと訳が分からなくなります。

「だいたいこれぐらい」といったような大まかな思考を持てるようになると、少し楽になります。

2、ミスしてもいい

ミスはいけないものと思っていませんか?

もちろんミスは少ないに越したことはありません。

ですが、なくそうとする必要はありません。

テニスはポイントの6割以上がミスによるものとされています。

いわばミスして当然のスポーツなのです

ミスして当然なのに、ミスをする度に落ち込んでいませんか?

ミスが0になることがないのなら、ミスを許すことも大事だと思います。

なんとなく打ったりリスクの高すぎるショットを打ってのミスはもったいないですが、しっかり目的を持ったショットをミスしたときは、そのミスを許して次に活かせるようにしましょう。

 

3、完璧じゃなくていい

完璧主義の方は理想が高くなりすぎてしんどくなりやすいです。

上手くいってるときはいいのですが、そうじゃないときは理想を下げてあげましょう。

そもそもテニスに完璧などないと思います。

フェデラーですらミスはするし、完璧ということは成長が止まることでもあります

そう考えると完璧なんてないのに完璧を求めるのは、それはしんどくなります笑

今が15点なら20点を目指してみてください。

いきなり100点を目指すとしんどいです。

何事も焦らずに段階を踏んでいくことが大事です。

少しずつでも成長できるとやがて大きな成果に繋がります。

 

4、自分で自分を元気づける

自分で自分を元気づける能力がテニスにおいて非常に重要です

同じミスをしても

「またミスした、なんて自分はだめなんだ」

と思う人と

「ミスしたけどそういうときもある、次はもう少しこうしてみよう」

と思える人とでは大きな差が生まれます。

いきなりポジティブになる必要はありません。

まずは自分を責めないことから始めましょう。

そこからだんだんポジティブな言葉を自分にかけてあげてみましょう。

ミスしたら自分を励ます

いいショットを打ったら自分を褒める

この二つを自然とできるようになるとそれだけで楽しさが全然変わります。

 

5、まあいいか、そんなこともある精神

「まあいいか」

「そんなこともある」

是非上手くいかないときに使ってほしい言葉です。

一見逃げの言葉のように見えるかもしれませんが、開き直れる人は強いです

執着を捨てると気持ちが楽になりパフォーマンスが上がることがあります。

どれだけやっても上手くいかないならいっそのこと開き直ってしまいましょう。

意外とうまくいくかもしれませんよ。

6、できることに集中する

できないことばかりに目を向けてしまうとストレスが溜まりやすいです。

調子が悪いときはなおさらです。

そんな時はできることに集中してみましょう。

調子が悪いときにするべきことは、自信の回復です

自信を回復させるのに必要なのは成功体験です。

どれだけ小さなことでも「できた」ということが自信に繋がります。

逆に「できない」が続いてしまうと自信の喪失に繋がってしまいます。

調子が悪いなと思ったらまずはできることをこなしてから、少しずつできないことにも挑戦していきましょう。

 

7、上手くいかない日があって当然

人間なので調子の好不調があって当然です。

絶対不調になる日は定期的にあるのにそこで自分を責めるのはもったいないです。

何をやっても上手くいかないときは今日はそういう日なんだなと割り切ることも大事です。

できることがあればそれに集中する。

できることが本当にひとつもないとなったら一度思い切って休むのもありです。

できるだけ自分を上機嫌でいさせられる方法を模索してみてください

上機嫌でいられると、調子も上がりやすいです。

8、後退することがあって普通 現状維持はすごい 成長は素晴らしい

僕のオリジナルの考え方です笑

このように考えられるとどう転ぼうが自分を責める必要はありません。

後退するのが普通で成長は素晴らしいことなので普通以下がないのです。

割と多くの人が

後退はだめ、現状維持もだめ、成長して普通

と考えてしまいます。

これでは自分を褒めることは一切できません。

自分に厳しすぎると精神的にきついです。

自分に厳しくするときと優しくするときを上手く使い分けましょう。

調子がよかったり精神的にゆとりがあるときは少し厳しくして、調子が悪かったり精神的にきついときは優しくしてあげましょう。

自分に優しくしていいのです。

自分に厳しすぎてつぶれてしまった人を何人も見てきたので、もっと自分に優しくすることの良さを知ってもらいたいです。

まとめ

全部に共通することなのですが、

自分に厳しすぎなくていいし、自分を責める必要もありません。

練習相手などに申し訳ないと思う方もいると思います。

そういう場合は素直に「今あんまり調子よくないんだ」と打ち明けてみるのも良いです。

自分の現状を理解してくれて、もしかしたら感じたことをアドバイスしてくれるかもしれません。

思ってるより周りにいる方は優しいと思います。

僕は自分自身もテニスを楽しみたいし皆さんにもテニスを楽しんでもらいたいです。

娯楽として楽しむのも良し、上手くなるためにとことん練習して試合に勝つのが楽しいというのも良し。

楽しいにも様々な種類があると思います。

自分の楽しいを追及して、充実したテニス生活を送ってください。

テニスをするにあたって大事な考え方
1、難しく考えなくていい
2、ミスしてもいい
3、完璧じゃなくてもいい
4、自分で自分を元気づける
5、まあいいか、そんなこともある精神
6、できることに集中する
7、上手くいかない日があって当然
8、後退することがあって普通 現状維持はすごい 成長は素晴らしい

 

 

プライベート、グループレッスンを随時募集しております!

「どこにいっても悩みが解決できない」

「試合でなかなか勝てるようにならない」

などのお悩みを解決することにフォーカスし、最短で試合優勝やレベルアップができるよう指導させていただきます。

体験レッスンもございますので、是非ご気軽にお問い合わせください。

プライベートレッスン
「試合で勝てない」「練習しても上達しない」「うまくできずテニスを楽しめない」こんな悩みをお持ちではないでしょうか?自分の強みを知ることができればこれらの悩みは必ず解消できます。元日本一経験者があなたの強みを最大限引き出します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました