勝てるダブルスの習得へ!元ダブルス日本一が教えるダブルスのコツ

試合
この記事を書いた人
山下晶平

23歳 兵庫県神戸市出身
早稲田大学スポーツ科学部卒業
5歳からテニスを始め、中学2年生の時に全国大会優勝
直後に血行障害、TFCC障害、イップスを経験
8年の時を経てテニス選手兼フリーコーチとして神奈川、東京を拠点に活動中

山下晶平をフォローする
テニス上達公式ラインはこちら

友だち追加

この記事で解決できるお悩み
・ダブルスで思ったような戦績が出ない
・ダブルスのやり方がいまいちわからない
ダブルスが上手くいかずに悩んでいませんか?
特に大人の方はダブルスをする機会が多いと思います。
ダブルスは人が多い分考えなければいけないことが多く、どうすればいいかわからないといった方も少なくないと思います。
この記事ではダブルスの基本的なセオリーから、試合で勝つための極意までを惜しみなくご紹介します。
ダブルスはやり方を学べば、複雑に考えなくてもできるようになります。
皆さんのダブルスゲームの上達に役立てていただけると嬉しいです。

ダブルスの基本知識

ここではダブルスの基本的な知識をご紹介します。

基本はわかっているよという方は飛ばしていただいても大丈夫です。

動き方がわからない方、動き方はわかるけどなぜこの動きをするのかがわからないといった方も多いと思います。

一つずつ解説していきます。

全国ダブルス優勝の実力はいかに!とある大会の決勝戦やましょー初ダブルス動画

前衛のポジション

前衛はボールが相手コートにいったら前に詰めて自分のコートに来たらサービスライン、あの動きの目的は理解してますか?

まず前に詰める目的は

・相手にプレッシャーをかける
・ストレートをケアする
・ポーチに出やすくする
・ボレーの難易度を下げる
などが主です。
ポジションが後ろだとこれらのことはなかなかできなくなります。
特に味方が後ろにいるときは思ってるより前に詰めてオッケーです
上を抜かれても味方が取ってくれます。
次に後ろに下がる目的は
・サーブのジャッジ
・味方がストレートに打ったときのセンターケア
です。
主にセンターケアのためですね。
サービスラインまで下がって時間がなくてあまり前に詰めれずサービスライン付近でとどまってしまっている方をよく見かけます。
しかしこれはもったいないです。
ダブルスにおいてストレートアタックをする機会はそんなに多くないと思います。
そんな中でセンターのケアをやりすぎて前に詰められないと相手のプレッシャーになりません。
センターケアをしながらできるだけ前に詰めてポーチに出たりフェイントをかけたりして、相手にプレッシャーをかけていきましょう。

平行陣

平行陣になったときは、基本的に後ろから前に来た人がロブケアをしましょう。

そして元々前にいた人は少し前に位置し攻める姿勢を見せましょう。

二人ともロブケアをしてしまうと、攻めが中途半端になってしまいやられてしまいます。

平行陣はポイントを決めやすいメリットがありますが、その分リスクもあります。

あまり平行陣になってからラリーを続けすぎると決められやすくなるので、焦るわけではありませんが甘いボールは見逃さずに決められるようにしましょう。

後ろから前に来た人側に浅い球が来てその人が前に詰めたら、今度はもう一方のサイドの人が少し下がりロブケアをしましょう。

お互いのポジションによって役割も変わってきます。

チェンジのタイミング

チェンジのタイミングがわからないといった悩みもよく聞きます。

両者が縦に並んでしまうとオープンスペースができてしまうためチェンジをします。

そのため常にペアと縦一直線に並んでないか確認してください

主なタイミングはストレートロブかポーチに出た時です。

特に多いのが中途半端な位置でポーチをしたときチェンジするべきかどうかがわからないということです。

これはチェンジすべきかどうか悩むよりも、迷わずにどっちかにいってしまうことが大事です。

多少遠い位置でも迷わずに行ってくれると後ろにいる味方は対応できます。

しかし、ここでどっちに行くか迷ってしまうと後ろの人もどっちに行けばいいかわからなくなります。

どっちに行くべきかより、迷わずに決断を早くすることが重要です。

 

ダブルスで勝つための極意

ここではダブルスで勝つための極意をご紹介します。

知識を蓄えられれば、試合中に迷うことも少なくなります。

自信を持ってダブルスに取り組めるきっかけになれると嬉しいです。

 

1、ファーストサーブの確率を重視する

ダブルスにおいてファーストサーブの確率はシングルス以上に重視すべきです。

理由はダブルスではカウンターが打ちにくいためです。

シングルスではセカンドサーブを叩き込まれたのを空いてるスペースにカウンターを打つことができますが、ダブルスではそれを打っても前衛の人に簡単に返されてしまいます。

また、ダブルスでは守りのスライスも前衛につかまってしまうために、なかなか守備がしにくいです。

そのため、ファーストサーブの確率が悪いと不利になることが多いです。

また、ファーストサーブが入ると味方前衛もポーチに出やすくなり、相手のリターナーにプレッシャーをかけることができます。

少し球速を下げてもいいので、ファーストサーブの確率を上げましょう。

 

2、ストレートアタックを使う

ストレートアタックを全く使わないのはもったいないです。

特にバックボレーに速い球を打ち込まれてきれいにブロックできる人はそんなに多くありません。

また、仮に決められたとしてもストレートに打ってくるかもしれないという思考を相手に植え付けることができ、ポーチに出にくくさせる効果もあります。

べた詰めしている相手にストレートは少し危険ですが、べた詰めしてる人に対してはロブで簡単に抜くことができます。

相手の身体を狙うのはマナー的によくありませんが、純粋にストレートに打つのは戦略として必ず取り入れるべきです。

全くストレートに打たないのとたまにストレートがくるのとでは、プレッシャーのかかり具合が全く違います。

 

3、前衛の動きで相手を揺さぶる

前衛にちょろちょろされると相手のストローカーは困惑します。

難しく考えてミスすることなどもあります。

これがポジションが後ろ過ぎたり、ストレートを守りすぎていてはあまりプレッシャーになりません。

抜かれてもいいので、少し前であったり内側によることに挑戦してみてください。

プロなどはシングルスラインとセンターラインの間ぐらいにいる人が多いです

いきなりそこに位置しろとは言いませんが案外その場所でも足を出して手も横に出せば割とストレートに打たれてもカバーできます。

それでカバーできる範囲より外にストレートを抜かれた場合はナイスショットでいいのです。

また、ポーチに出たり、フェイントをかけたりなどいろいろ動いてみてください。

動くだけでも相手ストローカーの集中力を下げれます。

あまりにもフェイントしかなくて出てこないなと思われたら動いてもプレッシャーにならないので、思い切ってポーチにも挑戦してみましょう。

前衛のポジションが後ろ過ぎないか、ストレートを守りすぎていないか確認してみてください。

 

4、強めのスピンロブを習得する

ダブルスにおいてスピンロブはとても有効です。

最初は通常のロブで良いですが、慣れてきたら少し強めのスピンロブをストレートに打てるようにしてみましょう。

上手く打てればエースにもなるし、取られたとしても相手を走らせられるのでおすすめです。

相手が平行陣で、どっちかに強打するように見せて、直前でヘッドを利かせてスピンロブで上を抜けたりしたらめちゃくちゃ気持ちいいです笑

 

5、積極的にポーチに出る

ポーチに出るか出ないかで相手にかかるプレッシャーが全く変わってきます。

出るタイミングとしては相手のポジションが後ろで強打できそうにない体勢のときです。

味方が深めのいい球を打ったときなどもよいです。

ポーチの出方としては、早く出すぎるとコースを変えられてしまうので、スイングを開始するくらいで思い切って斜め前に出ましょう。

これを斜め前でなく横に出てしまうとボールの勢いに負けてミスをすることが多くなるのでなるべく斜め前に向かって出てください。

そして、ポーチに出るときはストレートを抜かれることは気にしないでください

ストレートケアをしながらポーチに出ようとしてもどちらも中途半端になります。

ストレートケアをするときとポーチに出るときのメリハリをつけましょう。

 

6、相手のバックボレーを狙う

ストレートアタックを使う項目でも少し書きましたがバックボレーで一発で決めてくる人は稀です。

相手が平行陣になってどこに打てばいいかわからないときはとりあえずバックボレーを打たせましょう

僕はバックボレー得意なのですがそれでもなかなか一発で決めるだけの威力のある球は打てません。

困ったらバックボレーを低いところで取らせることができると最高ですね。

 

ダブルスあるある

ここではダブルスのあるあるの悩みを解決していきます。

自分が実際に体験したことやテニスコーチなどを通してよく相談されたことなどをまとめましたので参考にしてみてください。

 

1、クロスのロブ合戦がひたすら続く

この悩みは非常に多いです。

特に女性に多いですね。

ロブ合戦を続けたくないが、かといってどうすればいいかもわからないと思います。

対策としては、

・わざと浅い球を打つ
・ドライブボレーを打つ
・ストレートに打つ

が挙げられます。

ロブばっかり打ってくる人は基本的にそんなに強打をするタイプではありません。

きれいに深く高く返してしまうからこそ、またロブを打たれてしまいます

わざと浅くしても強打の心配はそんなにないですし浅いところからロブを打つのは意外と難しいです。

ドライブボレーとストレートもおすすめですが勇気がいるので、個人的には浅い球を打ってみることがおすすめです。

 

2、相手の前衛が気になる

これもあるあるだと思います。

相手の動きが気になって打ちきれないという方は少なくないと思います。

これに対しては取られてもいいから振りぬくことが大事です。

ポーチに出られたらどうしようと思って恐る恐る打ってしまうとそれこそ相手の打ちやすい球になります。

相手に取られたとしても自分がしっかり振りぬいていればミスになりやすいです。

それで決められたときは相手を褒めましょう。

ダブルスにおいては、どういう選択をするか以上に迷わないことが大切です。

 

ペアとの意思疎通がうまくいかない

長年組んでいれば別ですが、なかなか簡単にはペアとかみ合わないことも多いと思います。

試合前も試合中もできるだけいろいろ話すことをおすすめします。

お互いのプレーだけでなく、考えてることも把握していることがペアを組むうえで非常に大事になります。

そしてポイント中も「いける」「任せた」などの声掛けをできるだけ瞬時にできるようにしてみてください。

声掛けがあるかないかだけで迷わずにプレーできるかどうかが変わります

たくさん話して考えを共有して、時には気になることなどもうやむやにせず言い合えるといいですね。

まとめ

ダブルスは考えるべきことがいっぱいありますがそれでも悩まずにプレーすることが大切です。

最初はなかなか上手くいかないかもしれませんが、開き直って思い切って打つということがいい結果に繋がりやすいです。

慣れてくると視野が広くなったり判断が早くなったりもするので、是非実践経験もたくさん積んでください。

ダブルスの基本知識
・前衛のポジション
・平行陣
・チェンジのタイミング
ダブルスで勝つための極意
1、ファーストサーブの確率を重視する
2、ストレートアタックを使う
3、前衛の動きで相手を揺さぶる
4、強めのスピンロブを習得する
5、積極的にポーチに出る
6、相手のバックボレーを狙う
ダブルスあるある
1、クロスのロブ合戦がひたすら続く
2、相手の前衛が気になる
3、ペアとの意思疎通がうまくいかない

プライベート、グループレッスンを随時募集しております!

「どこにいっても悩みが解決できない」

「試合でなかなか勝てるようにならない」

などのお悩みを解決することにフォーカスし、最短で試合優勝やレベルアップができるよう指導させていただきます。

体験レッスンもございますので、是非ご気軽にお問い合わせください。

プライベートレッスン
「試合で勝てない」「練習しても上達しない」「うまくできずテニスを楽しめない」こんな悩みをお持ちではないでしょうか?自分の強みを知ることができればこれらの悩みは必ず解消できます。元日本一経験者があなたの強みを最大限引き出します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました